東風解凍 はるかぜこおりをとく

Warm spring wind from east starts to melt thick ice.

立春 Around Feb. 4 to Feb. 18, Risshun (the first day of spring) Finally winter has gone and spring comes along. We can feel the promise of spring around the corner.

2月4日~2月8日頃。 東風が氷を解かし始める頃。まだ厳しい寒さの中にも、春の足音を感じつつ。モノトーンの冬着から、少しだけ華やかな色味を身にまといたくなりますね。 東風は、「こち、あゆ」とも読まれ、和歌にも多く詠まれました。「こち」は、菅原道真の和歌、「東風吹かば匂いおこせよ梅の花~」でも有名ですが、由来は、瀬戸内海地方の漁師言葉だとも言われます。「鰆(さわら)ごち」や「こちしけ」などと使われ、春の嵐となりやすいものでした。 そんな東風は、私たちに新しい季節を運んできます。何かが変わっていくような、淡い期待を抱きながら。

 

 

コスプレアート/Cosplay-Art: NATSU  Facebook  Instagram

撮影場所(協力)/Located by Enishi Location Photo

コラム 桂浜名月/MEIGETSU KATSURAHAMA

英訳/Translated by Megurin