楓蔦黄 もみじつたきばむ

もみじや蔦が黄色く色づくころ。 日本各地で美しい紅葉が 山や谷、川や町を染めています。もみじは 古来より多くの歌の中で詠まれてきました。中でも百人一首にある菅原道真の歌は、学校でも習うため馴染みがありますね。

このたびは ぬさもとりあえず 手向(たむけ)山 紅葉の錦 神のまにまに 宇多上皇の御幸に伴い吉野へ向かう道真は、急な旅立ちだったため   道祖神に紙で綺麗に作った「ぬさ」を用意できませんでした。その代わりに、美しく色づいた山の紅葉を捧げましょう、どうかお心のままにお受け取りくださいと神様に言うのです。

燃えさかるような秋の美しさを見ているかのようですし 私たちの生活が神様や自然に近かったことが感じられます。 秋の奥深さと余韻を味わいつつ いよいよ季節は冬に向かいます。

 

Birthday & Party planning FESTINHA 前田美智恵

コラム 桂浜名月 Column KATSURAHAMA MEGETSU