温風至 あつかぜいたる

梅雨の後半にあたるころ 

「そろそろ梅雨明け」と夏も恋しい頃ですね。頬に当たる風も、これまでの湿気を帯びていたものと違うと日本人は感じてきたのでしょう。 この時期に旬の食べ物の一つに、鱧(はも)があります。 京都では祇園祭の頃に、欠かせない食べ物です。 東京や他の地域ではあまり馴染みのない鱧ですが、なぜ京都でポピュラーな食材になったのでしょうか。 京都は四方を山に囲まれ、かつては海から海産物を運ぶのに、暑い夏は難儀しました。 大抵の魚介が傷む中、鱧は生命力の強い魚で無事に都に届いたといいます。 しかし、骨が多い魚で食べるのは大変でした。そこで試行錯誤の結果生まれたのが、「骨切り」という技法でした。 細かく骨を切ることで、美味しく食されるようになったのです。 京都に定着した鱧料理は、見た目でも涼を楽しむことができます。 湯引きして、白い花のように開いた鱧に梅のたれをつけていただくものなど。 私も大好きな料理です。 先人の知恵を感じながら、美味しい鱧料理で元気をいただき…。 夏の足音が聞こえてきます。

 

“Milky Way”   Presercedflowers, dried flowers, artificial flowers and coins by Preserved flower petit lapin                             「天の川」:プリザーブドフラワー(アマランサス・アジサイ)、ドライ資材(うんりゅう柳、石化エニシダ)、アーティフィシャル資材(ユーカリ)硬貨 Yoko Miyashita

コラム 桂浜名月