竹笋生 たけのこしょうず

Bamboo shoot grows

TAKENOKO, bamboo shoot is a representative word of spring. In the early spring we take MOSOCHIKU from China but it’s the best season for MADAKE, Japanese original bamboo.

When I climb the mountain after rain there are bamboos growing from bamboo shoots.  “Takenoko” after the rain are so fascinating. The growth of bamboo takes only ten days.

After the claiming it’s time to eat. Open the bamboo sheath and YAMAME appears and smells good . Taking vital power form eating the nature. Japanese use bamboo for plates, vases, or etc. It is not only for dairy use, it also helps you feel peaceful.

※YAMAME is fish, oncorhynchus masou.

 

“たけのこ“と言えば春の味覚の代名詞。早春にいただく種類は外来種の孟宗竹。一方、日本に昔からあるのが真竹でこの季節に収穫されます。 先日、雨の後に山に入ったところ 竹林には筍の伸びかけで竹に変わりつつあるものがあちらこちらに!「雨後の筍」を目の当たりにし、しばし見とれていました。 「旬」という字は「じゅん」と読み、月の上旬・中旬・下旬というように「10日間」を指す言葉。10日間くらいで「竹」になるほど成長が早いから『筍』になったともいわれています。

さて 登山の後にいただいた山のお料理。竹の皮を開けると、よい香りのヤマメが出てきました。一口食べると、山の命が広がるようで生命力をいただきました。 竹は食器や日用品また、花入れにとしても利用され、日本人の生活を便利なだけでなく清らかに支えてくれます。

 

 

 

 

Contemporary KIMONO designed by MIKI SAKURA from SAKURA MAISON

着物:MIKI SAKURA http://mikisakura.com/   櫻メゾン http://sakuramaison.com/

 

Column: KATSURAHAMA MEIGETSU コラム 桂浜名月