綿柎開 わたのはなしべひらく

Cottonseed gets opened

‘Cottonseed gets opened like clouds”  by Michiyo Hirano

The word “cotton” is a seasonal expression of summer. By lunar calendar we are in autumn and there are white clouds in the blue sky.  Summer is close to an end and  kids burst into run-away under the sky.

Once upon a time, cotton was very expensive and was imported from Korea in the Muromachi era. It was used for an armor of warrior  or etc… and becoming fixed-used in life after the Edo era. Cotton’s used for gentle clothes and protects us from hot and cold temperature that enriched Japanese life. After industrial revolution in  the Meiji expensive hand-made cotton was gone. We cannot live without cotton now.

”雲にならむと綿の実のはじけたり” 平野みち代

綿は夏の季語。暦の上では秋に入りつつも、青空にはぽっかりと真っ白な雲が浮かびます。その空のもと、夏を惜しむ子どもたちが弾けるように駆けていきます。 綿はかつて日本では大変高価でした。室町時代には、朝鮮半島から輸入され、宝剣の幕などとして使われました。私たちの生活に定着したのは、江戸に入ってから。暑さ寒さを防ぎ、肌をやさしく包む衣服として、日本人の生活を豊かにしてきました。 明治の産業革命以降、高価な手紡ぎ綿は姿を消していきました。私たちの生活文化の一つでもあるでしょう。

 

ペーパーアート:ふづき Paper Art: Fuzuki  ふづきの切り紙

コラム 桂浜名月 Column  KATSURAHAMAMEIGETSU