菖蒲華 あやめはなさく

Iris flower blooms

We are fascinated with beautiful iris during the rainy season.

“Either AYAME or KAKITSUBATA” by YORIMASA MINAMOTO referred to TAIHEIKI.  AYAME and KAKITSUBATA are both Iris.

His poem means that they are all beautiful and can’t be compared.

YORIMASA slayed NUE, a monster and an emperor introduced AYAME, a very beautiful woman in return. However, he had to choose real AYAME from three similar beauties

“It is so hard to draw fortune. I cannot make the right decision in a lot of rain”

The poem means that all iris are beautiful and it’s hard to tell between the three. The emperor respected him and finally took AYAME to YORIMASA.

We can look at beautiful flowers in the rain and imagine the old love story.

 

 梅雨の時季に 美しくたたずむあやめの花。その姿には心を奪われてしまいます。

「 いずれアヤメかカキツバタ」という言葉があります。どちらも優劣がつけられないほど、優れている意味ですね。

この語源は、『太平記』に出てくる源頼政が詠んだ歌とも言われます。

鵺(ぬえ)を退治した頼政は、帝から美女で名高い菖蒲(あやめ)御前に引き合わされますが  出てきたのは三人のそっくりな美女。 この中から本物を当てるように言われ、詠んだのが

「さみだれに 沼の石垣水こえて いずれがあやめ引きぞわづらう」

(五月雨で水かさが増していて、どれがアヤメかわからず引き抜くのをためらっています。運命の糸を引くのも)。

つまりアヤメとカキツバタ、ハナショウブは甲乙つけがたく、どれも美しいと言うのです。頼政の歌に感心した帝は、自らあやめ御前を頼政さんのもと連れていったそうです。

雨の中美しい花を眺めながら、あやめ御前と粋な頼政に思いを馳せて。

 

ペーパーアート:ふづき Paper Art ”IRIS” : Fuzuki  ふづきの手仕事

コラム 桂浜名月

Articled in June 2017 , translated in June 2018.