雷及発生 かみなりすなわちこえをはっす

Sound Of Thunder Somewhere Far away

“PIKARI GUWARA GUWARA GUWARA PIKARI “ by Kyogen KAMINARI

When thunder sounds, bright spring sky suddenly spirits out. Since ancient time thunder has been scared and also revered. At the same time thunder meant the  announcement of a bumper harvest

SHIDE in the form of thunder, YOKODUNA, a sumo champion carried when entering the ceremony ring.  People believed when flash-to-graound it would be rich harvest and get rid of evils.

During spring, thunder and lightning often happen, it then goes full-fledged nice season.

 

遠くで雷の音がし始める

ぴかーり ぐわら ぐわら ぐわら ぐわら ぴかーり(狂言「雷」より)。

遠くで雷の声がし始めるころ。うららかな春の空をやぶるかのように とつぜん現れた稲光。

雷はその姿から 古来より怖れられるとともに 神聖なものとしてあがめられてきました。

同時に 私たちに恵みをもたらす豊穣のお告げでもありました。

日本で1500年の歴史をもつ相撲は、もともと五穀豊穣を祈る神事。横綱の土俵入りでも

紙を段々に折った「紙垂(しで)」が飾られますが、これは雷光をかたどったものだと言われて

います。落雷があると、稲が育って豊作となり、邪悪なものを払うと信じられてきたのです。雷

様は「紙垂」に姿を変えて、神社やお正月飾りにも見られ、私たちの生活の中に生きているのですね。

穏やかな春の日に、雷や嵐がたびたび訪れるようになると、本格的な暖かさがやってきます。

一喜一憂する乙女のように、始まったばかりの春は季節を深めていきます。

 

雷のブローチ:O-Pi-To-Pa[オーピートーパ]

Articled in March 2017 , translated in March 2018