霜始降 しもはじめてふる

季節が駆け足で冬に向かっています。
赤や黄色の葉は彩りの絨毯に、深緑に染まっていた草たちは初霜により最後の輝きを放ちます。

むかし 霜は雪のように空から舞い降りてくるものだと思われていました。
朝日にキラキラとかがやく草花を見ると, たしかに夜の内に霜が降ってきたように感じますね。
早起きした時にしか見るここの出来ない特別な景色。陽が昇ると消えてしまうので自然からのご褒美です。

 

“IKEBANA”  Red peppers, Willows by Preserved flower petit lapin

いけばな:唐辛子、柳 Yoko Miyashita

コラム 石割繁子 : Column Shigeko Ishiwari