霞始靆 かすみはじめてたなびく

遥か遠くの景色もぼんやりし、霞がたなびくころ。少し遠くの山々には 春の精たちが白いベールを掛けたかのよう。冬の乾いた風は、いつしか湿り気を帯びた風に変わっています。 夜になると霞から朧(おぼろ)と名を変え、空には朧月がしっとり。白い衣に包まれながら 見えそうで見えない月の姿は、艶やかに人を惑わす女性、「源氏物語」の朧月夜のよう。届かないから惹かれてしまう恋のように。春の夜は 妖艶さをまして。

 

コラム 桂浜名月/MEIGETSU KATSURAHAMA

 

 

ティーコーディネーターの指田千歳さんをインタビュー。2回の連載にてご紹介致します。

第1回:人と人をつなぐお茶の魅力

第2回:良質のお茶を」「飲み倒す」

 

本山(ほんやま)茶と有田焼の茶碗、輪島塗の茶托

HONYAMA Green Tea. Tea cup made in ARITA, Saga. Saucers made in WAJIMA, Ishikawa.

 

■お茶の販売元■

お茶についての紹介 指田千歳

Tea Coordinator CHITOSE SASHIDA Photo located in Tochizawa Shizuoka “Warashina river”

https://www.lochanteajapan.com/